女性と害虫退治

生態を知ろう

シロアリ、ムカデ、ネズミなどの害虫を駆除する場合は、正しい知識を持って駆除する必要があります。間違った知識で、間違った駆除をしてしまうと、しっかりと駆除できないどころか、場合によっては被害を大きくしてしまう可能性もあります。害虫駆除をする場合は、ただ駆除の方法を知るだけではなく、その害虫の生態なども知る必要があります。生態を知ることで、効率的な対策をすることができますし、予防にも繋がります。ノミ駆除をする場合は、まずノミの生態を知ることから始めましょう。ノミは日本だけではなく、世界中に多くの種類が生息しています。犬や猫などの動物だけではなく、人間にも規制することがある身近な外部寄生虫です。日本には、80種類程度のノミがいますが、主にネコノミが犬や猫の体表に寄生して、部屋に侵入することが多いです。ネコノミの体長は1ミリ〜3ミリ程度で、6本の脚を持っています。ノミが好物として食べている物は、動物の血液です。オスやメスに関係なく血を吸っています。吸血するのはノミの成虫だけで、幼虫の場合は、血液の消化物や、人間やペットの食べこぼし、フケなどを食べています。ノミの1番の特徴は、ジャンプ力です。二酸化炭素や、体の熱に反応して、体長の60倍の距離の高さを飛んで、動物に寄生していきます。

ノミを駆除するためには、まずノミを発見する必要があります。ペットに寄生している場合、体毛の生え際までノミが入り込んでしまうと、肉眼では見つけられなくなってしまいます。そういう場合は、ノミ取りぐしを活用しましょう。ノミ取りぐしで、被毛をすいた時に、赤黒いろのフケのような小さな塊が出てきた場合、ノミの糞の可能性があります。小さな塊を、濡れたティッシュの上に置いて、赤くにじんだ場合は、ノミの糞となります。すぐに出来るノミ駆除は、部屋を掃除することです。掃除するポイントとしては、部屋の四隅、ソファの上、カーペットの上、ペットの寝床周辺、暗く湿っている部分などです。このような場所は、ノミが好む場所なので、重点的に掃除すると良いです。しかし、部屋を清潔にしていても、卵を含めたノミを全て駆除するのは難しいです。ノミによる被害を受けないためには、繁殖を防ぐ、ノミ寄生予防薬を定期的に投与するなどの、ノミ対策が必要になります。

居心地の悪い環境

季節によって増える害虫は異なります。夏場にはシロアリやムカデが増えるので、駆除を検討しましょう。シロアリやムカデなどの害虫の種類によっても駆除方法は異なりますが、基本的には臭いや食べ物をなるべく排除することが大切です。

Read More...

殺鼠剤を上手に活用

家に侵入するネズミの種類は、クマネズミです。クマネズミは警戒心が強く、高い場所に生息していることが多いです。家にクマネズミが生息していると、天井裏や壁の中で音がするので、チェックしてみましょう。

Read More...

安く利用できる

害虫駆除を専門業者に依頼することで、害虫を綺麗に駆除することができます。依頼する時には、料金を支払う必要がありますが、見積もりサービスを活用することで、安い料金で利用することができます。

Read More...